emilyroom’s diary

徒然なるままにブログ

子規 病苦を綴る!

正岡子規は、

 ……胃痙攣を含む病苦の様を   

 

「雷鳴り雷閃き(らいひらめき)雨そそぎ霰(あられ)走り日頽(くず)れ月砕け天柱傾き地皮裂け大海立ち熱泉湧き虎、風を吹き竜、火を吐く」

               『松■玉液』

 

こんな激しい言葉で綴っている。

 

    「子規365日」 夏井いつき 著(朝日文庫

 

雷鳴り

電閃き(いなずまひらめき)雨そそぎ

霰(あられ)走り

日頽(くず)れ月砕け

天柱傾き

地皮(ちひ)裂け大海立ち熱泉湧き虎、風を吹き竜、火を吐く

 

******


弟子たちは、  

◆ 11月24日  たんぽ

 

碧梧桐のわれをいたはる湯婆(たんぽ)哉

 

胃痛やんで足のばしたる湯婆(たんぽ)かな

 

  碧梧桐: 河東碧梧桐、子規の髙弟 俳人・随筆家

 

 湯たんぽを差し入れたりして思いやっている。 

 

・・・・・・・・・・・

 

「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の

正岡子規とは?   

 

   本名 正岡常規(まさおかつねのり) 幼名 升(のぼる)

   慶応3年10月14日(旧暦9月17日)誕生

 

 身長は?  163㎝(約5尺4寸) 体重 52.5㎏ (14貫)

     ※ 漱石 159㎝  (楽天ブログ 土井中照)(ウイキペディア)

 

  何をした人? 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面にわたり創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした。

 

  職業は?  俳人歌人、新聞記者

  

  主な著書は? 「獺祭書店俳話」「歌よみに与ふる書」「病状六尺」他

 

  いつ亡くなった?  明治35年9月19日 脊椎カリエスにより 享年34歳

 

  なぜいつも横を向いている?(写真) 持病の脊椎カリエスが悪化、前屈みの姿勢になっていた。正面からの撮影で、背筋を伸ばすのが難しかったのだろう。その頃は椅子にきちんと座ることさえできなかった。

(国文学者 復本一郎氏 神奈川大学名誉教授)

f:id:emilyroom:20230114121538j:image

 

 

  21歳の時 突然喀血 肺結核と診断

 

  日々どのように暮らしていた?

   「病気の境涯に処しては、病気を楽しむということにならなければ生きて居ても何の面白みもない」と言い放てるのが、子規の精神の強さであり明るさである。

 モルヒネを飲んで写生することが楽しみの一つ……。

 

  妹の律については?  「律は理窟づめの女なり 同感同情のなき木石のごとき女なり」 穴の開いた患部の包帯交換、食べることだけが楽しみだという大喰らいの病人の食事の支度、日に何回とある便通の世話、わめき煩悶し癇癪を起す兄のヒステリックな罵詈雑言を、律は「おしろい」の花を眺めるふりをして聞き流すこともあったに違いない。

  「おしろいは妹のものよ俗な花」{白粉花

 

  母に甘える?  「此の頃の天気とて毎日毎日雨ふり止まぬにラムネと氷とかの為に1日何度母様を労せしことかわけもわからず候」

   「臥辱終夜頭痛激烈 仕候」という瘧(おこり)の熱と闘いつつ……。

 

  野球を愛した明治の俳人  子規の没後100年に野球殿堂入りを果たす。

    自らプレーし、広め、野球を題材とした俳句を多数詠み残した。「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」など野球用語は子規の日本語訳。

日本における「野球の祖」

 

 ★ 俳句雑誌『ホトトギス 俳句の近代化

    俳句雑誌。1897年(明治30)正岡子規主宰・柳原極堂編集の下に松山市で発行。翌年、東京に移し高浜虚子が編集。俳句の興隆を図り、写生文・小説などの発達にも貢献。現在も続刊。

 子規の死後、『ホトトギス』を引き継いだ高浜虚子は、神経衰弱に罹っていた漱石に「小説でも書いてみないか」と声をかけ、生まれたのが吾輩は猫である

吾輩は猫である』人気を博し、第11回まで連載される。

 

 ★ 歌よみに与ふる書 短歌の改革 伝統的な和歌から近代短歌の転機になった。

    歌論書。1898年(明治31)「日本」に発表。俳句の近代化に取り組んでいた子規が、和歌革新を発した第一声。古今和歌集・桂園派を排し、万葉集。金塊和歌集を賞揚。

         (広辞苑

 

  その後の律は?

       

  母ト二人イモウトヲ待ツ夜寒カナ    1901(明治34)年

 

   明治33年、子規が漱石へ宛てた、最近すぐ涙が出るという手紙には「妹ガ癇癪持ノ冷淡ナヤツデアルカラ僕ノ死後人二イヤガラレルダラウト思フト涙」と綴っているが、

子規の死後、

律は自立した女として堂々たる生きざまをみせる。

家督を継ぎ、職業学校に学び、やがて母校の教師となった。

母の看病のため退職した後も裁縫教室を開き生計を立てた。

 

 ㈶子規庵保存会の初代理事長を務める

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 おいしい物を食べている時だけは、「痛さ」を忘れられるということを聞いたことがある。

 これだけの痛みを忘れられるのなら、いくらでも食べさせてやりたいと思う。

 

 それにつけても、弟子たちの思いやりの深さよ。

 子規は、いい先生だったのだとつくづく思う。……。

 

漱石が来て虚子が来て大三十日(おおみそか

 

 子規周辺の人々が子規を語る時、彼に近ければ近い人ほど辛辣な言葉を使う。

 漱石は「こちらが無闇に自分を立てようとしたらとても円滑な交際の出来る男ではなかった」と評し、弟子の虚子は目の上のコブ的存在とて煙たがった。……

   が、そんな雑言も含めての子規の魅力は、この句の根底に溢れる情ではないか。

 

 と、解説にある。

・・・・・

 私が知っている、死ぬほどの痛みといえば、ギックリ腰がある。

 一度だけ、私も罹ったことがある。

 本当にびっくりした。

 その痛さたるや、脳天を説き抜け、全身を震わせるような神経の痛みだった。

 一瞬で、いや、2~3分位でおさまってホッとした。

 ギックリ腰でつらい思いをしている方には、同情申し上げる。

 

 また、癌で骨に転移した母が、「殺せ!」と叫んでいた。

 モルヒネを打ってもらうしかなかった。

 

 俳人は、自らの「痛み」をこういうふうに表現した。

 その一端をのぞかせてもらった。

 

 

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

 

子規365日 (朝日文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

                

 

新年 おめでとう!

あけまして

  おめでとう

    ございます

 

      2023年 卯年 正月

 

波乱万丈と言われている卯年があけました。

 

 皆様にとって卯年は、跳躍の年となりますよう お祈り申し上げます。

 

f:id:emilyroom:20230101195252j:image

 

初春や 龍神さまの 集いかな  

            カルメン55

 

よいお年を!

皆様、今年もいろいろお世話になりました。

どうぞ、良いお年をお迎えください

             f:id:emilyroom:20221229081750j:image

 

ふと気づけば、1年余り、このブログを書き続けていました。

 

皆様のおかげです。ありがとうございました。

来年は、兎年、収益を目指して跳ねるぞ!

 

やっと、アカウント・アレルギーが弱体化したところです。💦

 

🐯 🐯 🐯 ➡ 🐇 🐇 🐇

男が心配

男は出世しろ!

家族を養え!

育児をしろ!

介護も頼む!

   ・・・ そこまでやるの、

 

と、「心ある女たち」は心配してました。

「男が心配」は、タイムリーな本でした。

     (「男が心配」 奥田祥子 著  PHP新書 )

 

・・・・・・・・・・・

 

仕事に、育児に、家事、さらに介護まで、男は大変。    

 

女だけに押し付けられるのは、おかしい! その通りです。

でも、「平等に」は、難しい。

性別の違う人間が歩んだ歴史を一朝一夕に崩すのは難しいのでは?

 

イクメン」という言葉があちこちで見られました。

お婿さんの条件は家事ができる人(手伝う人)と言われました。

 

男子は、どんな思いで聞いたのでしょうか?

 

私が観ている限りでは、男子は果敢に挑んでいるようでした。

でも、無理はなかったのでしょうか?

 

・・・・・・・・・

 

「男が心配」は、男子の本音を聞き出しています。

ジェンダー問題はさておいて(勉強不足なので)、男性の置かれている位置の資料として読んでみました。

 

「女ごときに心配されるなんて!」と憤慨されるかもしれませんが……。

 

・・・・・・・・・・

 

 

イクメン神話

 男の育児をめぐる理想と現実のギャップ

 ★ 「巧妙パタハラ」で左遷

    

 ※ パタハラとは、パタニティ(paternity=父性)、ハラス(harassment=嫌がらせ)で、つまり、男性が育児時短や育休を請求したり取得したりすることで不利益な扱いや、嫌がらせを受ける行為、言動をさす。     

 

 ★ 育休取得で予期せぬ「左遷」

 ★ 「イクメンで足をすくわれた」

 ★ 職場復帰後、慣れない内勤の職務に

 

ケアメン礼賛

 他人を頼れない介護男性の苦悩

 

 ※ ケアメンとは、親や妻を介護する男性のこと。

   介護者の3人に1人は男性。

   介護する男性が100万人をこえた。

 

 独身ケアメンの介護離職

 ★ 母の無償の愛で独身生活を謳歌

 ★ 母親への依存を初めて思い知らされる

 ★ 「『姥捨山』に捨てたと思われたくない」

 ★ 介護疲れで役に立てない自分が「情けない」

 ★ 再就職し「心の落ち着きを取り戻せた」

 

 可視化されにくいケアメンの苦境

 ★ 仕事との両立困難と介護離職

   家族介護によって……心身ともに疲弊。

   従来通りに職務を遂行できないことに負い目。

 ★ 職場環境・封土と男性の意識の問題

   介護離職後に再就職した男性(=介護離職男性の半数)のうち、正社員に転職できたのは3人に1人(34.5%)

    介護休業を利用したことのある人

      男性 7.4%  女性 7.6% 

   男性自身が介護サービス事業者など他人を頼ることができず、自分で担うべきと考えている。

   男たちが古い「男らしさ」の固定観念に囚われている。

   何故か?

   これまで自身が母親や妻に身の回りの世話をしてもらうなど、日常生活において周囲から助けられてきたことを当然のこととして軽んじた結果、自らのケア能力を身に着け、他者の支援を好意的に受け入れようとする意識を阻んできたともいえる。

 

   自ら助けを求められないために、可視化されにくいケアメンの困難   

   

 ★ 働く介護者の増加を踏まえ、制度改革を

   介護離職、遠距離介護、老老介護が招く社会的孤立と貧困

   介護の受け皿の整備や介護人材の確保、仕事と介護の両立支援などの支援

   介護保険制度そのものを抜本的に見直す

 

 ・・・・・・・・・・

 

 男性は、モテる、出世する、若返るということに非常に敏感であることを知りました。

 それは、男性の魅力でもあります。

 急激な高齢化が、何もかもひっくり返しそうな今、何とか無事に乗り切って欲しいと思わずにはいられません。

 

🌷 🌷 🌷 🌷 

 

男が心配 (PHP新書)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すきデスノート

こんなノートがあった!

 

デスノートにショックを受けるだけではなく、

好きデスノートを作ればいいんだ。

 

動画の中で見つけました。(crazycoco0906 さんより)

書き方は、詳しく知らないけれど、

好きデスノートが一杯になる方が速いのではないか? と思いました。

 

デスノート     スキデスノート

○○ 〇〇〇      〇〇 ちゃん 

▲▲▲ ▲▲      〇〇 くん

▽▽ ▽▽▽     コーヒー

           アイスクリーム

           〇君の肘

           〇〇さんの唇

           林檎パイ

           思いやり

            ・

            ・

            ・

 

 ❤ ❤ ❤ ❤ ❤

 

知らなかったのは、私だけ ?  

f:id:emilyroom:20221220042540j:image

  

 

 こりゃ又失礼しました。

 

「触れて」いますか?

 

触れると、相手は痛みが軽くなるような気がします。

「痛いの痛いの飛んでけ~」と子どもに言うと、「飛んでった!」と言いました。

 

🍙おむすびも、手で握るから、おいしいのだ、と言われます。

   (最近は、サランラップで握るくせがついた私ですが……。)

 

人と人は、「触れあい」がないと寂しい生き物ではないでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・

 

認知症の介護・看護に役立つ

 ハンドセラピー  

   

    鈴木みずえ(浜松医科大学教授) 監修

    木本 明恵(看護師)      監修協力

 

。・・・・・・・・・・・

 

認知症をもつ人の心と「触れること」

 

 認知症は脳の病気が原因で起こる

 認知機能の低下により

 日常生活に支障が出てくる状態のことを

 いいます。

 

 でも、なぜか、心が傷ついて、

 心が痛くなってしまう人が多くいます。

 

 これまでと同じように

 できなくなってしまったことがつらくて、悲しい

 次にまた何か失敗をしてしまうのでは不安

 まわりから変な目で見られないか……。

 わからないからと言って裏切られたりしないか……。

 

 認知症をもつ人の心のなかでは、

 いろいろなことが起こっています。

 

 それなのに

 悲しくなるようなことを言われたり、

 役割を奪われたり、

 無視されたり……。

 

 このようなことが原因で

 脳で起こっている病気の症状以外のこと

 (中核症状があることによって起こること)

 が現れることがあります。

 これが、認知症の行動・心理症状(BPSD)です。

 

 認知症をもつ人にそっと触れてみましょう。

 「触れることで言葉では伝えきれない思いがつたわるちきがある」

 ハンドセラピーを取り入れているある人はいいました。

 

 「触られた人の心が落ち着いて笑顔が出てくる」ともいいます。

 そして、触れている自分も体と心が温かくなってくるそうです。

 

 

認知症の基礎知識

 

認知症の方とご家族の関係は

病気の進行に大きな影響を与えます

 

Q : 認知症予防と治療のうえで大事なことは何ですか?

A : 「認知症とはどういうものかをきちんと理解してください」

 

 「どうして古いことは覚えているのに、新しいことは忘れてしまうの?」

  → 病気により海馬が萎縮するためです。

    海馬が萎縮すると、新しい情報を保存するためのスペースがなくなります。

 

 「今度から忘れちゃだめだよ」

  → 本人とっては、できないことを言われているのと同じでつらい

  → できないことをやりなさいと言われているので、とても厳しい言葉

 

 「あんなにしっかりしていた親や兄弟がこうなるとは信じられない」

  → 病気が急速に悪化し、家族関係も悪化

    信頼関係が築けない

 

 「病院に連れていかれてどうなるのかわからない」と、不安から拒否される

 

Q : 家族はどうしたらいいのでしょうか?

A :家族は、杖になりましょう。

  記憶障害により、新しくて大事なことを忘れてしまうときは

  「忘れていいのよ。大事なことは私たちが覚えておくから大丈夫」と声をかけ、記憶の杖になりましょう。

 

  記憶の杖があれば、認知症の方は困らず生活していくことができます。

 

  認知症の治療には、「薬物治療」と「環境整備」があります。

 …… 家族が杖となり、認知症の方自身が判断をしながら生活できる環境を整備する

 

認知症による「物忘れ」について

 何を食べたかではなく、食べたこと自体を忘れる

 

 新しいことを覚えておきたくても、覚えておくことができない

  「どうして忘れてしまったの?」

  「覚えておきたくても、覚えておくことができない」のが認知症の状態

  ただし、怖いことやつらいことなど、印象的な出来事は部分的に覚えていることもあります

  例えば、物忘れのために家族に指摘されてつらかったことを、理由は忘れてもつらかった思い出だけが残ることがあります。

 

 認知症の種類

 

 軽度認知障害(MCI) 

  5つの定義

   ① 記憶障害の訴えが本人または家族から認められている

   ② 日常生活動作は正常

   ③ 全般的認知機能は正常

   ④ 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する

   ⑤ 認知症ではない

 

 アルツハイマー認知症

 ❝物忘れが気になりませんか?❞

  ☆ よく見られる症状

  ● 記憶障害

  ● 見当識障害

  ● 実行機能障害

  ● 視空間認知障害

  ● 興味や関心が薄れていったり、身なりを繕うことができなくなったりする

 

 血管性認知症

 ❝やる気のない感じが気になりませんか?❞

 ☆ よく見られる症状

 ● 歩行障害    ● まだら認知症

 ● 構音障害    ● うつ傾向

 ● 嚥下障害    ● 情動の制御力低下

 

レビー小体型認知症

❝見えない物が見えたり、頑固になっていませんか❞

 ☆ よく見られる症状

 ● 認知機能の変動

 ● 幻視

 ● パーキンソン症状

 ● レム睡眠行動障害

 ● 抗神経病薬に対する過敏性

 ● 顕著な自律神経障害

 

 前頭側頭型認知症

 ❝「勝手」と思うような行動が増えていませんか?❞

 ☆ よく見られる症状

 ● 脱抑制

 ● 常同行動

 ● 被影響性の亢進

 ● 注意・集中力低下

 ● 感情・情動の変化

 

 

認知症の症状

  必ず現れる「中核症状」と、個人差のある「BPSD」

 

 症状が現れる過程

  認知機能障害

    ↓

  物忘れなど「中核症状」が出てくる

    ↓

    ↓   ストレス、不安感、不快感、焦燥感、身体不調、被害感、混乱

    ↓

  歩き回るなどのBPSDが出てくる

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 不安、混乱の中にいる認知症の方々を、温かい手で包み、いっときの安堵感を持っていただけたら嬉しいですね。

 

🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

 

 

 

認知症の介護・看護に役立つハンドセラピー 改訂版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

90才! 何がめでたい!

 日本人の寿命は、ますます延びて100歳になろうとしています。

 でも、当の高齢者はどう感じていらっしゃるのでしょうか?

 

 だいたいの方は、「思いもよらず」90才になった、なっていた、と言われます。

 医療が行き渡り、食べることに困ることなく、普通に生きていれば、誰でも90才まで生きられるようになりました。

 奇跡のような国、「日本」です。

 

 佐藤愛子氏は、波乱万丈な生活から、やっとのんびり老後を過ごせると思っていました。

          「90歳。何がめでたい」佐藤愛子著 (小学館文庫)

              

・・・・・・・・・・

 

… ところがです。

 愈々(いよいよ)「のんびり」の生活に入ってみると、これがどうも、なんだか気が抜けて楽しくないのです。

 … しかし「のんびり」の毎日では、起きても別にすることもなし・・・という感じで、いつまでもベッドでモソモソしている。

 つまり気力が籠らないのです。

 

 … 誰とも会わず、電話もかからず口も利かずという日が珍しくなくなりました。

 

 … あまりに長い年月、私は仕事一筋に明け暮れていたため、生活のリズムが普通ではなくなっていて、従ってソッチはソッチ、コッチはコッチ、という暮らし方が定着してしまったのです

 

 … そうしてだんだん気が滅入ってきて、ご飯を食べるのも面倒くさくなり、たまに娘や孫が顔を出してもしゃべる気がなくなり、ウツウツとして「老人性ウツ病」というのはこれだな、と思いながら、ムッと座っているのでした。

 

 「女性セブン」のKさんが訪ねて来たのはそんな時でした。

用件はエッセイ連載の依頼です。

 連載? 週刊誌の連載といえば締め切りは毎週ではないか・

 それは今の私には無理だと思いました。

「もう私も90歳すぎましたからね。これからはのんびりしようと思ってるんですよ」

 一応、そういいましたが、その「のんびり」のおかげで、ウツ病になりかけているんじゃないか、という思いが頭の隅っこにパッパパパと点滅したのでした。

 

 そんなこんなで隔週ならば、という条件で書くことになったのですが、

タイトルの「90歳。何がめでたい」はその時、閃いたものです。

ヤケクソが籠っています。

 

 そうしてこの隔週連載が始まって何週間か過ぎたある日、気がついたら、錆びついた私の脳細胞は(若い頃のようにはいかないにしても)いくらか動き始め、

私は老人性ウツ病から抜け出ていたのでした。

 

… ヤケクソの力で連載は続き、そのおかげで、脳細胞の錆はいくらか削れてなくなりかけていた力が戻って来たと思います。

 

 人間は「のんびりしよう」なんて考えてはダメだということが、90歳を過ぎてよくわかりました。

 

・・・・・・・・・・ 

 

 皆さん、目標を持つのは大事です。

 ・ 孫の結婚式に出たい

 ・ 詩吟の発表会に出たい

 ・ 念願の旅行に行きたい 

 ・ 今日は100歩歩いた。明日はもっと歩くぞ  

 ・ 短時間のパートだけど、できるだけ長く仕事を続けるぞ    等々

  自分の望みを実現させるべく 手、足、頭を使いましょう。

 

  老化は思いがけない速さで襲ってきます。

  返り討ちにしてやりましょう。

 

 🌷 🌷 🌷 🌷 🌷

 

 

f:id:emilyroom:20221202114341j:image

 

 

 

・