emilyroom’s diary

徒然なるままにブログ

2023-01-01から1年間の記事一覧

今年もお世話になりました。

どうぞ良いお年を 気の向くまま書き散らしてまいりました。 気が付けば、もう年末。 読んでくださってありがとうございました。 どうぞ良いお年をお迎えください

「踏み絵」はお祭りになった ⁉

私たちは、踏み絵といえば、キリスト教信者を見つけだす手段というふういうに考えていますが、実に、日本人はそれをお祭りにまでしてしまっていたことを知りました。 吉村 昭 著「ふぉん・しいほるとの娘」(新潮文庫)の中に出ています。 あの時代のキリス…

そうだ、奈良に行こう!

令和言葉・奈良弁で訳した万葉集 ② 「太子の」少年 佐々木良 著 万葉社 隠れて新婚生活するのは も~イヤ! 両親に ちゃんと 挨拶しに行こうよ! 巻16 3803番歌 隠(こも)りのみ 恋ふれば苦し 山の端ゆ 出でくる月の 顕(あらは)さばいかに 補足 両親に内…

くんのかい? こんのかい!

久々に衝撃的な歌集が出た! 万葉集の現代語訳だけど。 佐々木良という一人出版社・万葉社の社長が出した本 訳が奈良弁の令和調 いいね! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ くんのかい? こんのかい! こんの? くんの? いや こんのかい! 巻4 527番歌 大伴坂上郎…

なぜ二宮金次郎は歩きながら本を読んでいるのか?

二宮尊徳像 なぜ撤去? 全国の小学校で老朽化や学校立て直しなどに伴い、二宮尊徳像が撤去される現象が進んでいるといいます。 その背景には、「児童の教育方針にそぐわない」「子どもが働く姿を勧めることはできない」「戦時教育の名残という指摘」「『歩い…

ハゲの女たらし カエサル!?

「ローマの歴史」(I・モンタネッリ著 藤沢道郎訳)によれば ガイウス・ユリウス・カエサル は、 完全無欠の俗人 癇癪持ちで時々てんかんの発作を起こす 若禿(わかはげ) 長身、肥満、色白、眼は黒くてよく光る(スヴェト二ウスによれば…) やせすぎで中背…

続き 塀の中の中学校

「いのちの根」(相田みつを)を朗読する塀の中の中学校とは、どんなところか? 少し書き足してみたいと思いました。 ・・・・・・・・・・・・・・・ このドキュメンタリーは、多くの人の心を捉え、映画も作られている。 塀の中の中学校 2020年10月11日 21…

塀の中の中学校と相田みつを MITUO AIDA

「いのちの根」ドキュメンタリー 長野県のテレビ局制作 「いのちの根」・・・地味だが相田みつを氏の代表作と一人氏は言われている(相田みつを氏長男・相田みつを美術館館長) 癒しの書家といわれることに」非常な抵抗があるとも言われる。 ・・・父自身は…

お盆玉とは?

近ごろ話題となっている「お盆玉」 知っている人は知っている、らしい。 ざっくり言うと お年玉のお盆バージョンで 里帰りしてきた孫や親せきの子供たちにあげる「お小遣い」 子供は喜びますよね~。 でも、大人は? 正直なところ、「ふざけるな!」のようで…

続 オニババ化する女たち

「オニババ化する女たちー女性の身体性を取り戻す」 三砂ちづる 著(光文社新書)より ・・・・・・・・・・ この本を開いて、驚いたこと ① 月経血を止められた日本女性 ② からだは共に生きる誰かを探している ③ 卵子にも個性がある ④ 子宮口にも心がある ⑤ …

オニババ化する女たち 

オバタリアンの成れの果てがオニババですか? ◇◇◇◇◇◇◇ 「オニババ化する女たち」 女性の身体性を取り戻す 三砂(みさご)ちづる 著 (光文社新書) ◇◇◇◇◇◇◇ なぜオニババになるのか オバタリアンとは? 『オバタリアン』(竹書房) 1988年(昭和63年)から19…

「死にたい」と言う人に

言わないで! 「死にたい」という仲間に 助けたいと思って 言ってはいけない ⑤つの言葉 ① 「朝の来ない夜はない」 ↓ 頑張ってたら、夜明けがくるよ ↓ 彼らにとって、朝が一番苦しい ↓ 今日も何もない一日が始まるのね ↓ おそらく追い込まれちゃう ② 「自殺し…

年寄りは集団切腹せよ?

気鋭の経済学者で米・イェール大学助教授の 成田悠輔(なりたゆうすけ)氏の『高齢者の集団自決』発言が国内外で波紋を広げている。 2021年12月に放送されたネットニュース番組で少子高齢化問題について訊かれた際に、〈僕はもう唯一の解決策ははっき…

ちびた鉛筆  short pencil

補助軸 使ってますか? 最近、鉛筆を使うようになったせいで、ちびた鉛筆が出来るようになった。 昔だったら、文房具屋さんに行って付け足しする器具(?)を買いにいくのだが、はて、今時そんなものが置いてあるのだろうか?と考え込んでしまった。 私自身…

日本人は安倍元総理のことを何も知らない

世界のニュースを 日本人は何も知らない 4 谷本真由美(著) ワニブックス 実は海外で評価されまくっていた安倍元首相 2022年7月8日 安倍元首相の暗殺 世界は日本でこのような事件が起こったことにショックを受けた。 アメリカやヨーロッパ大陸では、安…

戦争中のオモロイ話

YouTube動画から 【2ch面白いスレ】 「戦時中の笑える話」が面白い。 戦後生まれの私は、「戦争」が、実感としてわからない。 教科書だけでは、「そうなんだ。」と言うしかない。 でも、この動画を見ると「戦争」中でも、人間の営みがあったことがわかる。 …

子規 病苦を綴る!

正岡子規は、 ……胃痙攣を含む病苦の様を 「雷鳴り雷閃き(らいひらめき)雨そそぎ霰(あられ)走り日頽(くず)れ月砕け天柱傾き地皮裂け大海立ち熱泉湧き虎、風を吹き竜、火を吐く」 『松■玉液』 こんな激しい言葉で綴っている。 「子規365日」 夏井いつ…

新年 おめでとう!

あけまして おめでとう ございます 2023年 卯年 正月 波乱万丈と言われている卯年があけました。 皆様にとって卯年は、跳躍の年となりますよう お祈り申し上げます。 初春や 龍神さまの 集いかな カルメン55