emilyroom’s diary

徒然なるままにブログ

勝 海舟、野犬に○○を咬みちぎられる

 勝 海舟は9才の時、自宅に帰る途中、野犬に襲われる。

 医者が血で真っ赤になった袴を取ると、睾丸が丸出しになっていた。袋はかみちぎられている。

 父親の必死の看病のお陰で70日後には日常生活ができるようになった。

が、強度の犬嫌いになる。

 

 この事から私が感じたのは、江戸時代は、野犬が多かったと言うこと、それと、父親の小吉の子煩悩、看病の凄まじさだ。

 

 「御家人くずれの剣術遣い」と言われる父であったが、裸で金毘羅参りをし、休む時は麟太郎(海舟の幼名)を抱いて寝たらしい。

 我が子の為とはいえ、ここまでする人は少ないだろう。

 

 勝 海舟の父小吉は、号を「夢酔」と言い、生涯を市井の不良・暴れ者で貫いた御家人くずれの剣術遣いだった。

 老いの坂道にかかると、人並みに自分の来し方をふりかえるようになり、それがあまりに下らないことだらけだったので、子々孫々を戒めるために筆をとり、『夢酔独言』なる自伝を遺した。

 

 『夢酔独言』によると、

 …或る日けいこに行く道にて、病犬に出合いてきん玉をくわれた…

…息子が少しも泣かなかった故…容子(ようす)を聞いたら、命は今晩にも受合できぬと言ったから…その晩から水を浴びて、金毘羅へ毎晩はだか参りをして、祈った

 

 以後、小吉は夜休むとき麟太郎を抱いて寝て、ほかの者には触らせない。また毎日むしゃくしゃして暴れ回るので、近所の連中は

「…子を犬に喰われて気が狂った」と噂しあった。

 

 そのうち、患部の傷も癒えて、麟太郎は70日目に床を離れた。

 

「それから今になんともなゐから、病人はかんびやうがかんじんだよ」と語っている。

カンラ、カンラってか。

 

 こんな人いるのよね〜。

 何故かはわからないが、素人なんだけど、プロも及ばない看病をする人、犠牲を厭わず専念して治してしまう人。

プロも脱帽!(かな?)

 

 海舟は、こんな破天荒な、真面目な父親に育てられた。

 彼の人生が平凡であるはずが無い。

 

 

 ○○玉なんて書いて、親が2人ともあの世の人で良かった。

 生きて、こんな文章を読んだら、仏壇の前に座って「おなごのくせにこんなことば書いて。恥ずかしか。ご先祖様に申し訳なか!」と、泣き崩れるかも知れない。

 

 

◆参考図書 

 新人物文庫 

  高校日本史に出てくる歴史有名人の裏話